Planet Princess

手芸大好き20代会社員です。仕事の合間にパッチワークやクロスステッチ、お人形の服などを作っています☆

このページ内の記事タイトルリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
フェイクスイーツ2
クリックで拡大。

久々に粘土でフェイクスイーツを作っています。
今回作りたいと思っているのはクカロンブッシュ。またの名をシュークリームタワーです☆

ということでまずはシュークリームを量産・・・。
ちなみに数年前に買った粘土を今回引っ張り出してきたんですが、なんとも悲しい状態になってたよ・・・(涙)
水を足して練ったら多少は元に戻ったものもあったんですけど。

フェイクスイーツ1
うん、シュークリームです、誰が何と言おうと(爆)
作ってるうちになんだかメロンパンを食べたくなってきたけどシュークリームのつもりです;;

写真ではわかりづらいですが、微妙にシューの色をランダムに変えてたりします。
今日はここまで。
粘土が固まるまでしばらく放置~。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑


スポンサーサイト
    posted at 00:27 | 粘土作品 | TB(0) | CM(0)
Rose sampler 4
クリックで拡大。

Rose sampler ちょこ~っと進んでアルファベット部分に入りました!
ここまで長かった・・・(爆)
ずっと薔薇模様から抜け出せないかと思ってましたよ;;
アルファベット部分はピンクを使いたくてたまらなかったのですが、Rose samplerは青中心でピンクは控えめ、と前もって決めていたので泣く泣くその通りに進めています。
その代わりに真ん中の蝶々はピンクにするんだ~とそこを縫うのが楽しみだったり。

まだまだお仕事が忙しいのでなかなか針を持つことができないのですが、一日一時間はチクチクの時間を作るようにしています。
時間は「ある」とか「ない」とかじゃなくて「ひねり出す」ものだ・・・!

なので、アルファベットを一日一個、ってな具合に今週はチクチクしておりました。
記号部分は一色刺しなのである程度はサクサク進んでいる気がします~・・・まぁそれでも時間がかかることに変わりはないのですが・・・。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑

    posted at 23:27 | クロスステッチ | TB(0) | CM(0)
赤ずきんタペストリー 20
クリックで拡大。

完成しました~!
赤ずきんタペストリー 52cm×52cm ですv

いっつもゆ~っくり作ってるので、一カ月でこれくらいの作品を完成させたのって実ははじめてかもしれません。
なんとなく「やればできるじゃん、私」って気分です(苦笑)
けど今回パネル柄を2枚しか使わなかったんですが、4ブロックともパネル柄でもよかったかな~、と今さらながらに思ったり。
別バージョンで作ってみようかなー・・・気が向いたら;

赤ずきんタペストリー 21

裏地は同時に購入した同シリーズの布を使いました。
・・・実はこれ、以前赤ずきんのタぺを製作していらっしゃった花音さんの真似っこ だったりします(爆)
裏地どうしようかな~と思ってるときに花音さんのブログを見て、「あぁそっか、同じ生地でまとめるとかわいいのね~」と勝手にお知恵をいただかせてもらったのです。
花音さん、事後報告でごめんなさい;;(問題ありならおっしゃってくださいね~;)

んで、このタペをキットにしたいとか前に言ってたんですが、私生活が忙しすぎて今すぐは無理そうです;
ついでに今、次の作品にとりかかってるので「もう、いっかなー・・・」って気持ちになってるというか(爆)

けど、いろいろ楽しかったです、これ作るの。

赤系のタぺを作るのってはじめてだったんですが、新鮮だったし前より赤が好きになった(笑)
これを機にピンク以外のものもたくさん製作してみたいです♪

ヴィクトリアン赤ずきん

ヴィクトリアン赤ずきん
価格:550円(税込、送料別)





にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑

    posted at 13:49 | 赤ずきんタペ(完成) | TB(0) | CM(0)
赤ずきんタペストリー 19
クリックで拡大。

代わり映えのない写真ですが・・・;
赤ずきんタぺ、全体のキルティングが終わってバイピングに移ってます!
完成が見えてきた・・・!

ボーダー部分はシンプルに格子模様で。
やっぱり格子のキルティングはさくさく進みますね~。
バイアスは結局ピンク色で行くことにしました♪
仕上がりが不安ですが、まぁそこまで変な風にはならないだろう、ということで。

今週中には仕上げられたらいいなぁ・・・。(希望的観測)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑

    posted at 19:22 | 赤ずきんタペ(完成) | TB(0) | CM(0)
※別に持ってるブログにUPしたんですが、ちょっとこっちでも上げてみます~。
そのうち消すかもしれません;;


前半部分の感想書くのに全力使ってしまって、もう後半はいいかなーって放り出したくてたまらなかったのですが(←おい!)
だ、だってさー。書き始めると絶対長くなるし時間もかかるってわかりきってるものに取り掛かるのってけっこう気力が必要なのですよ・・・;そしてその気力はもう使い果たしちゃってたのよ、前編あんなに長くしたせいで;;

けど、何だか意外に読んでくれてる人もいるみたいだし!
頑張って書くことにしました!

てなわけで、相変わらずなっがい感想、後編になります。
ネタバレ自重してませんのでご注意を。




後半部分がどのシーンから始まったのか、早くもうろ覚えなのですが、思い出せる範囲で書いていきます。あ、もちろん箇条書きで。

・赤べこで牛鍋を食べるシーン。
まさか赤べこが出てくると思わなかった!そしてたえさんまで!!そこまで重要なキャラとか場所でもないけど何だか嬉しかったです。食事のシーンって暖かみがあって素敵だよねぇ。

薫が着物着てる!!しかも原作っぽい桃色の着物だ~!
何も考えずに見てたからここは素直に嬉しかった!
やっぱ袴姿の凛々しさと着物姿の可愛らしさ、両方あってこその薫ですよね~!

牛鍋がすごくおいしそう・・・。すき焼き食べたくなった。

・ほのぼのした雰囲気をぶち壊すかのごとく観柳登場。
この香川さん観柳、いい味出してるよなぁ。やな奴だけどどこかひょうきんな感じがして、ムカつくけど憎めない(笑)
斉藤と観柳との会話の流れの中でもちょっと触れてたけど、観柳が今の「士族」たちについて語るとこはすごく上手く考えられて作られてると思った。
新時代が来て、昔「侍」だったはずの士族はその誇りを失っていく・・・。そこも「るろ剣」の世界の大事な要素ですよね。

・左之助出てきたー。
・・・ぶっちゃけると私、左之助と弥彦はどーでもいいと思ってたんだよね・・・(←おいっ!)
いや、どっちも好きなキャラではあるんですよ?
好きなはずなんですが、何故かどーでもいいと思ってたと言うか(おーい;)
この二人よりも制服姿の斉藤見たときの方が興奮したしなぁ;
江口洋介な斉藤には終始否定的だったのに何故だろう;

左之助、斬馬刀持ってる!
この馬鹿っぽさとか喧嘩っ早さは確かに左之助だ・・・(いい意味で)
演技って感じじゃなくて素の左之助って感じが出ててよかったと思う。

・てか、え、剣心、喧嘩買っちゃうの?
・店の迷惑になるから外へ移動・・・。いやいや、外にも大勢人がいて迷惑だよ!巻き込んじゃうよ(笑)!
・飽くまで涼しげに左之助と渡り合う剣心。この辺、牛若丸と弁慶っぽいと思ったのは私だけだろうか(苦笑)
・剣心の説得にあっさり引く左之助。まぁ二時間の尺じゃ仕方ないよねー。
・剣心に駆け寄る薫。
うーん、ここでは薫に「大丈夫!?」とか言ってほしかったなぁ。まぁ二時間の尺じゃ(以下省略)

・刃衛の被害者へ駆け寄る女性の姿に己の過去を重ねる剣心。・・・この映画で一番の衝撃でした。
えぇえ!このシーンまであると思わなかった!!てな感じで。
剣心の十字傷の秘密の一端。
ここまで盛り込んでくるとは思わなかったなぁ。けど実写で見たいと言えば見たいシーンだったので、何のご褒美かと思いながら観る(笑)
清里のしぶとさがよかった。
「死ねない」って言葉だけ、それだけを繰り返してるとこが真に迫ってて、ここは見てて泣けた;
容赦ない剣心がまたアレでさぁ・・・;
敢えて難を言うなら清里の表情とかをもっと出して欲しかったかな?
剣心が早すぎて清里がいつ斬られたのかわかんなかったし;(ちなみに原作では最後。)

・巴まで登場するとは思わなかった。
後ろ姿だけだったけど・・・うーん、原作ではこのとき巴は東京にいるはずだし、出さなくてよかったんじゃね?
あー、でも巴の姿と刃衛の被害者へ駆け寄る女性の姿を重ね合わせるとこはよかったのかな。
剣心の心情を上手く表現してたかな。

・井戸に毒が投げ込まれる?
みんな、何で困ったことが起きたら神谷道場にくるんだ;(笑)
左之助もちゃっかり出てきてるし。ちゃっかり仲間になった風になってるし。

・恵と剣心の会話。
私がこの映画で許せないのはここ。
何で巴のことを恵に話しちゃうわけー!??

江口洋介の斉藤は個人的には納得できないけど、客観的には納得できる。
けど、このシーンはいらないと思う!
剣心の十字傷って、原作ではかなり重要で意外で重ーーーい秘密なはずなのに。
そんなあっさり話していいことじゃないでしょー!!!
しかも恵に話すってのも納得いかないし!(薫だったらいいかとかそういう問題でもないけど。)
あの傷は謎のままでよかったんだよ!
一個めの傷は清里につけられたのかー、あれ、じゃあもう一つの傷は・・・?って謎を残したまま終わって余韻を残しとけばいいものを・・・っ!


・観柳邸に乗り込む剣心と左之助。
この映画一番の見せ場キタ――(゚∀゚)――!!(笑)
すんごい大勢の男たち相手に戦闘する剣心と左之助。
ここでまた「ちょ、待っ、巻き戻し!!」のオンパレード(笑)
予告で見た地面をななめに駆け抜ける剣心とか、「え、あ、あれ龍槌閃!?」とか(笑)
龍槌閃(かどうかはわからないけど)な剣心はかっこよかった。もっかい見たい。上手く映像化できてた。

・左之助の闘い方は左之助らしい感じ・・・かな。
・うーん、私、左之助がどうこうというより、拳よりも剣を使った戦いが好きなのかな?剣心のバトルにばっか目が行って、左之助はどーでもよか・・・じゃなくて剣心ほど興奮しなかったんだよねぇ;;

・観柳邸内部に侵入する二人。
剣心と左之助が一対一で対戦した相手が誰だかわからなかったのは私だけじゃないはず;;
結局最後までわかんなかったなぁ;「般若?式尉?」はたまた「縁!?いや、まさか;」とか思ってたもん。
これ、別にオリジナルキャラでよかったんじゃね?

・左之助が「たんま!」とか言って食事し始めたときはどうしたのかと思った;今でもあのシーンはわけがわからん。どういうことなの・・・。

・何故か斉藤が追い付いてくる。遅いわっ!(笑)終わってからきやがって・・・。

・おとりになる剣心と左之助。
そして問題発言をかます観柳;;
「脱げ!」とか「裸になって土下座しろ」(だったかな?)とか;
正直引いた(苦笑)
突然別の映画に成り代わったかと思ったよ・・・;
・友人から後で聞いたとこによると↑のシーンは香川さんのアドリブだったとか。
おーい・・・(笑)
わけがわからないよ。
何ともコメントしづらいシーンでした(笑)

・牙突!
牙突だ~!
巷で牙突がダメダメだったとか「牙突はぽわわわーんだった」とかさんざんな噂を聞いての視聴でした(笑)
えっと、結論から言うと私的にはそこまでダメダメだったわけでもないような・・・?
どんだけひどいんだ、と思って見てたからそこまでがっかりしなかったよ。
スローモーションで構える斉藤は不覚にもかっこよかったし。
私にとっては可もなく不可もなくってな感じの牙突でありました○

・ガトリングガン?の上に乗って観柳に剣を突きつける剣心。
「金で買えないものを知っているか」
正直何言いだすのかと思ったけど、次のセリフで「かっこいい~!」ってなった(笑)
「お前が今、乞うているものだ」
普通に「命だ」って言うんじゃないとこがいいですねv良いセリフでしたv


・薫が刃衛にさらわれちゃった!
「え、このエピソードも入れちゃうの!??」と驚きました。
いや、本気で観柳邸でおしまいだと思ってたからさぁ・・・。
あー、すっごい萌えるし良いエピソードだから入れてくれてよかったような気もするんだけど、うーん;;

正直、このエピソードを入れるなら剣心と薫との絆をもっと掘り下げるべきだと思うんだよねぇ;
剣心があそこまで怒って自分のことを「俺」って言い出すのに、唐突感が否めない。

けど原作でのこのエピソードはすごく神がかってたというか大好きなシーンなので見れて嬉しい気もするし、うーん;

白々しくはなかったし、戦闘も見ごたえあった。
でも、やっぱり原作の良さには及ばないですね。及第点ぎりぎりかな。

・刃衛が背中で刀を持ち替えるとことか、地味に原作通りなんですよね。(原作なんてもう何年も読み返してないのに、よく覚えてるな、自分・・・;)

そして双龍閃!!
これはすごかった。
原作そのままの双龍閃なのに、実写化なのに違和感がなくて、すっごくかっこよかった!

・心の一方を自力で解く薫。
ここはどうやっても原作には叶わない。
でも、よく演じてたと思います。及第点です(←何様だ、お前)
ここではずーっと「薫に駆け寄ってやれよ、剣心!」とか歯がゆく思って見てました。

・と思ってたらお姫様抱っこー!!
何のご褒美か(2回目)と思いつつも「いや、これ佐藤健、内心きついだろ!」「よろけたりはしてないけど階段上がるの辛そうだぞ!」とか空気ぶち壊しなことを思ってました・・・(笑)

・それにしてもお姫様抱っこに注目しすぎてたせいで斉藤との会話、覚えてないよ(爆)
映画の斉藤はいちいち剣心に突っかかってくるんですよねぇ。
だからぁ、原作の斉藤はここまで剣心好きじゃないんだよ・・・。とか思いつつも、いい加減この辺で江口な斉藤にも慣れてきてました(笑)
けど最初に登場したときの斉藤には本っ気で違和感ありまくりだった。
「剣に生き剣に死ぬ。それ以外に俺たちに道はない」ってセリフが斉藤じゃなくてまんま「江口洋介」だったんだよ・・・(少なくとも私にはそう思えた)

・剣心を探す薫。
当たり前のように神谷道場に帰ってくる剣心。
「お帰りなさい」
「ただいまでござる」
で、完!!
うん、終わり方も剣心っぽい!よかった!!


ようやく書き終えた~!!
あー、疲れた;ここまで長い感想書いたのはじめてですよ;;

私、ここまでるろ剣好きだったのか・・・。一つ、自分のことを知った気がします(爆)

けど、本当に良作だったと思います。
映画通の方とかは否定的な意見もあるでしょうが、「原作知ってても違和感なく見れる」ってことだけでもすごいと思う。
続編の話も出ている?みたいですが・・・うーん、また不安になってきた(笑)
ここで終わっちゃってもいいんじゃない?

ということで、以上!頑張った、私!
途中、何度「何してんだ、オレ・・・」って思ったことか(遠い目)
ここまで長い感想書いといてアレですが、この映画の感想を一言でまとめるならアレです。
「佐藤健がかっこよかった!!」
↑こうなります(爆)
何ともミーハーで、身も蓋もない・・・(苦笑)

いや、でも、かっこいい剣心を見るだけでも見に行く甲斐はあると思うんだ(笑)
見ようか悩んでる方はぜひ!行った方がいいですよ~!!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑





Tags: 映画 感想
    posted at 18:34 | 映画・小説・漫画 | TB(0) | CM(0)
※別に持ってるブログにUPしたんですが、ちょっとこっちでも上げてみます~。
そのうち消すかもしれません;;

るろ


ようやく見てきました!
ずっと見たいな~って思ってたものの、友人との時間が合わなかったりこっちの時間が取れなかったりでなかなか行けなかったんですが。
実は私、映画行くの一年ぶりくらいでした(笑)普段あんまり行かないのですよ~。

そんなわけで無駄に長い感想です。ネタバレ注意。ご注意を。



るろうに剣心を私に語らせると本気で無駄に長いです。
漫画連載当時、すっごく大好きな漫画でしたね。はじめて集めた少年漫画がるろだったかな?
小学生にしては難しい内容だったと今でも思うのですが、魅力的なキャラクターとバトルの見せ方とかがかっこよくて、本当にハマってたと思います。

なので実写化すると聞いたときは「い~やぁ~!やめて~!!」って思いました(笑)
だって実写化って言ってしまえば博打みたいなモンじゃないですか。
よほど監督さんやスタッフが原作を愛していないと、そして大金をかけることを厭わない強い心がないと(笑)実写化なんてするべきではないと思うんだ・・・(遠い目)
ドラゴンボールとかさ。見てないけど、あれとか映画史に残る駄作じゃないか・・・。

けど、私の友人で同じくるろ剣大好きな子が「この監督さんなら大丈夫!」って太鼓判押してたのです。
いかにその監督さんがいい作品を作るか熱く語られたんですが、私はまだ半信半疑で興味持てずにいたのです(ひでぇ・・・)

けど予告CMを見て。
佐藤健の「おろ?」を見て。
「あれ?意外に違和感ない?」と思ってたら戦闘シーンの、地面をななめに駆け抜ける佐藤健に心を打ち抜かれました(笑)

不覚にも「剣心だ!」って思いました(笑)

でも、それでも意固地な私は「いやいや、映画のCMって大抵上手に作られてるんだ。騙されないぞー」とか思ってたんですが(おい)
蓋を開けてみれば興業収入一位とか。
友人も「すごかったよ!二回目一緒に見に行こう!!」とか2度見る気満々になってるし。
・・・そうなってくると見に行きたくなるじゃないですか!
若干負けた気がしないでもないですけど(爆)

てなわけで見に行ったわけなんです。
前置きが長くなりましたが;
さらにここからまた長くなります(笑)


・・・うん、予想以上によかったです!!
原作ファンとしてはどーしても難点を上げずにはいられないのですが、それでも期待以上の出来でした!

世界64か国での上映も決まったそうですが、これは自信を持って世界に送り出せる映画だと思う!!
世界じゃなくても、原作知ってる人も知らない人もぜひ見てほしい!!いや、見るべきです(笑)!!

まず一言。
剣心がちゃんと剣心だった(笑)!!
すごいよ、佐藤健!
すごいし、えらい!
すごく自然に「ござる」って言ってた!
普段のおっとりした雰囲気がバトルではがらりと変わるのも原作通りで違和感なくてすごかった。
そしてその戦闘シーンの迫力・・・!

殺陣の素晴らしさは観る前からちょこちょこ聞いていたのですが、実際観ても本当にすごかったです。

そしてシナリオもよかった。
あんなに原作キャラ出してどう収拾つける気なんだと思ってたけど、すっごく上手にまとめてたと思います。
詰め込み過ぎな感は否めないものの、ストーリーがちゃんと筋道立ってて構成がしっかりしてた。
原作の流れをちゃんと汲みつつ、原作だけに頼らないストーリー展開でした。
要所要所で原作のセリフを使いながら、そればっかに頼ってないところが逆に漫画の実写化っぽくなくて、現実感があったというか。

今回、最低限の情報だけしか持ってないまま観に行ったんですが、それが功をそうしたなーと思います。
細部を語ると本当に長くなるんですが・・・語りたいので箇条書きでいきます。

・しょっぱなから戦争シーンの回想。圧巻でした。爆発に巻き込まれたエキストラの人が木?に叩き付けられて痛そう。ここで「よかった!戦闘シーンは期待できそう!」「すげー!金かかってそうー!」と勝手な感想に至る(笑)
・回想シーンの剣心が精神ぼろぼろな感じが出ててよかった。
・江口洋介の斉藤は・・・とりあえずノーコメントで;

・明治。船に乗っている剣心と明治政府、町の様子が流れる。山形さん?の演説で明治という時代をわかりやすく観てる人に伝えてたと思う。導入としては満点ではないでしょうか。るろ剣知らない人にもわかりやすい。
・手配書に気づく剣心。え、今ので気づいたの??どんだけ動体視力いいんだ(笑)
・薫登場!予告で見てたけどちょっと興奮した(笑)ほほえましくてよかった。
・ついでに逆刃刀!これを見るのが密かに楽しみだった(笑)

・観柳邸。武田観柳えげつねぇ・・・。恵もおぉ、雰囲気でてるなー。
・刃衛の狂気は原作通り。残酷描写についてはちょこっと聞いていたけど、確かにこれは・・・;R指定ギリギリ?けどその残酷さがるろの世界観に深みを与えていると思う。
心の一方が最初に出てきた原作の技でした。素直に「おぉ!」と思ったv

・薫と刃衛との対峙。二人の身長さやら何やらで「絶対死ぬだろ、これ!」ってのが伝わってきた;;
いや、万が一にでも勝てないでしょ、これ。薫、無謀にもほどがある・・・;;
・剣心登場。
友人に「いろいろ速いから目を凝らして観てね。」って言われてたけど、ここで初めて「ちょ、待っ、巻き戻ししてぇ!」って思った。駆けつける剣心・・・もっかい観たい;;
・薫を背後にかばう剣心。片手を前に出し身構える剣心に萌え。
ここで戦闘・・・(わくわく)?って思うけど、あっさり逃走。でーすーよーねぇ;

・神谷道場。
友人に「汚れにこだわる監督さんでそこがいい。」と聞いてたけど、本当だなーと思う。
薫の服の汚れとか傷が痛々しい。けど、そこがいい。
どの辺だったか忘れたけど、刃衛の斬った被害者の死体に虫がわいてたのもリアルでよかった。
・お辞儀して道場に足を踏み入れる薫と剣心。なんだか感動した。日本人の心が伝わってくると言うか。
・↑これがあったから後の暴漢への「土足で上がるな」が生きてくる。上手いなぁ。

・弥彦登場。うーん、普通の子どもって感じになっちゃってるなぁ;薫と仲良さそうにしてるとこは微笑ましくてよかったけど。

・神谷道場での戦闘。
刃衛のときも思ったけど、実写で見ると薫とか弥彦の非力さがいっそう伝わってくるというか。「悔しい、でもどうあがいても勝てない」ってのが観てて辛かった。
だからこそ、剣心が登場したときは心の底から「キタ――(゚∀゚)――!!」なわけなのですよ(笑)

剣じゃなくて素手で相手を圧倒する剣心!
体術も見せてくれるのかー!と興奮しつつ「いつ抜くの?」と期待が高まる。出し惜しみしてる感じが憎いなぁ(笑)
戦闘シーンは本当にすごい。壁走ってるとことか本当にやってるのかな?この辺で2回目の「ちょ、待っ、巻き戻し!」ですよ(笑)すごいけど、もうちょっとゆっくりでもいいのに(ないものねだり)

「人斬り抜刀斎の流儀名は飛天御流」・・・だったかな?正体を明かすときのこのシーンがかっこよくて好き。

戦闘が終わって町の人たちがぞろぞろ道場に押し掛けるのはちょっと白々しかったかな;
剣心がしょっぴかれるとは思わなかった(笑)えぇー、どうなるの??と思う。

・牢屋で斉藤と再会。「あぁ、このために逮捕されたのね。」と冷静すぎる感想を抱く。素直に映画を楽しめよ、自分・・・;
・あ、牢屋には左之助もいた。(とってつけたかのように・・・;)
・斉藤とのバトル。
吹き飛ばされて、片手を地面について構えてる?立ち上がろうとしてる佐藤健が正に剣心!原作っぽい。研究してるなぁ~。

雨の中での戦闘。ここでも「汚れ」にこだわってる。
なかなか剣を抜こうとしない剣心&そして剣を抜くとこは、原作の京都編での蒼紫との闘いを思い出させた。
抜刀しないって言いつつも抜刀させられてしまった剣心。そのシーンのオマージュなのかな?

「己に向いた刃はやがてお前を苦しめることになる。」原作にはないセリフだけどすごく上手い。映像とも会ってるし象徴的だし、印象に残ってます。

剣心を迎えにくる薫。映画オリジナルのシーンだけど、王道なシーンだけどすごく良かった。寂しそうに笑って「自分は人斬りだ」って言う剣心とか、「そんなの関係ない」って剣心に傘を差しだす薫とか。

・剣心に父親のお古の着物を差し出す薫。「へぇええー!!」って思う。
観ながらずっと、「あれ?剣心赤い着物じゃないなぁ。やっぱあの赤い着物って下手したらコスプレっぽくなっちゃうからポスターだけなのかな??」って思ってたので。
ここで出てくるかー!と感嘆。
原作通りの赤い着物。だけどくすんだ赤で映画の色褪せた雰囲気の世界観の中に自然に溶け込んでる。

神谷道場の庭で薫から渡された赤い着物を着て空を仰ぐ剣心。いいシーンです。
2時間しかない尺の中で、るろうにだった剣心がひと時でも神谷道場という居場所を与えられる、ということを表現するには必要不可欠のシーン。
それに一役買った「薫の父親の着物」はすごく上手い。
・・・本気で余談ですが。
このシーン観て、映画ハリポタ1作の、ハリーが鏡の中の両親に会うという誘惑を断ち切り、雪原の中ペットのフクロウと戯れるシーンを思い出した。うろ覚えだけどあれもいいシーンだった・・・。





・・・うーん;;
↑これで前半部分くらいの感想なんですけど;;
自分でもどん引きするほど長い;;
自分で復習するつもりで書き始めたんですが本気で長くなった・・・;;

あれ?こんなに書くほど、私るろ剣好きだったっけ??
感想に3時間もかけるとか馬鹿だよ、オレ・・・;;


というわけで。
いい加減疲れたんで残りの感想は後日に回します;;
忘れないうちに書くべきなのはわかってるんだけど;
あ、残りの感想でたくさん書くつもりですが、一点だけ言わせてください。

江口洋介は斉藤じゃない!

観る前からそう思ってたけど、やっぱりだったよ・・・。
だいたい斉藤はあんなに剣心すきじゃないよ!(←誤解を招く発言)
いや、映画としての斉藤、と考えるとあれでよかったと思いますよ?
原作知らない人にとってはあれでよかったとも。
けど、原作のクールでクールすぎで、飽くまで壬生の狼だった斉藤が好きだった私にとっては・・・ORZ




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑






    posted at 02:54 | 映画・小説・漫画 | TB(0) | CM(0)
シザーケース 1
クリックで拡大。

完成しました~♪
前に作ったシザーケースの色違いバージョンですv

シザーケース 2
デコは前のやつとほとんど変わらず・・・。
女の子の柄はこっちの方が好きかも?
青系の作品作ることってあまりないので新鮮でしたv

シザーケース 3
二つ並べて。
表面をいろいろデコるのがすごく楽しかったんで、こういう作品も増やしていきたいとこです。・・・実は金属パーツ?チャームが引き出しに50個くらい眠ってるんですよね・・・。いい加減使ってあげないとかわいそうだわ~。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑



    posted at 15:35 | パッチワーク | TB(0) | CM(0)
フェリシモ モザイク
クリックで拡大。

ずーっと×2前に作ったものですが、多分まだ紹介してないのでUPしてみましたー。
お花畑のロマンティックキルトの会の「モザイク」?のパターンです。
キットものですが、花柄部分を上手く切り取るのに苦労した記憶があります・・・。

パターンの形がかなり好みなキルトです♪ちなみにあんま好きじゃないパターンはバスケットだったりする・・・(爆)

こうしてみるとまた別のパターンも作りたくなってきました。
また購入してみよっかな~。
ちなみにこのシリーズはあと3~4個完成したやつがウチにあります。・・・ブログには上げてないけど;
そのいくつかはまぁ、また気が向いたときにでも・・・。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑


    posted at 19:16 | パッチワーク | TB(0) | CM(0)
赤ずきんタペストリー 18
クリックで拡大。

赤ずきんタぺ、キルティング中ですv
週末はお家の中でがっつりお針子して充実した時間を過ごせました(笑)
小さいのでさくさく進んでます~。

この分だと今月中には完成するかも・・・?のんびり屋な私にしては脅威のスピードです。
ただ、バイピングを赤にするかピンク色にするかで悩んでいるんですよね・・・。
無難なのでいったら赤なのですが、ちょっと変わった感じにしたい&トップのピンク色が自己主張してくれていないのでピンクにしようかとえんえん考えています。
どっちがいいんだろう・・・;どなたか、アドバイスしてください、マジで(爆)

あと、余談なのですが、近いうちにこのタペとか他の作品とかのキットなんかを少量だけ通信販売してみたいなーとか企んでおります。
一度そういうことをしてみたかったのと、余った赤ずきんパネルの生地を絶対私では消費できないと思ったので・・・(爆)本当にできるのかはわかりませんが;;


さて、話は変わって最近、これ↓↓↓を買おうかずーっと悩んでます(悩んでばっかだな、自分;)



そこまでお化粧道具をたくさん持ってるわけではないのですが、こんだけ収納スペースがあったら布とか針とか布とか布とか入れ放題じゃないか!と思ったのがきっかけです(爆)
キャスター付きだから必要ないときは部屋の隅に置いとけるし!
上部にはお化粧道具を入れて、余ったとこによく使う布地やらお裁縫道具やら入れておけば部屋も片付くし、お針子したいときにすぐ手が伸ばせる!わざわざタンスを開けて布とか物色する手間が省けるんじゃなかろうか・・・!とか思っているのです(←どんだけ動くの面倒なんだ、自分;)

とまぁ、そんな感じで買おうかな~と思ってるんですが、ちょっとお高めなので悩んでいるんですよね~。
どうせならティッシュの収納がついてるやつで、でもダストボックスはついてないタイプ、そして収納スペースがたくさんあるやつ、と探していてベストだったのがコレなんですけど。

うーん、お給料が入ってから考えよっかな~・・・。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑

    posted at 17:49 | 赤ずきんタペ(完成) | TB(0) | CM(0)
赤ずきんタペストリー15
クリックで拡大。

赤ずきんタぺ、トップ布が完成しました!
昨日の夜、遅くまで頑張ってボーダー部分をチクチクした成果です。

裾はまっすぐにするかスカラップにするか悩んだのですが、結局スカラップに。
好みの問題でいくと私は断然、スカラップなボーダーが好きなのですが、いかんせん、スカラップにするとバイピングがめんどくさいんですよね・・・(爆)
でもこのタペは小さめのサイズなので、バイピングもそこまで大変じゃないはずだ!ということでスカラップに♪

赤ずきんタペストリー16
ちなみにボーダーはこうのさんの布地を使いました。
買った後にこうのさんの布だって気づいた・・・(爆)
かわいくて上品な感じの赤色です。

赤ずきんタペストリー17
しつけ中~。
あ、そういえば普通、レースはキルティング後につけるのかもしれませんが・・・;
このレースは厚さが薄くて両側に模様があるタイプだったのでボーダーとトップを縫いつけるときにまとめて縫い合わせちゃいました;
赤地に白のレースって映えますね!いい感じにできたと思いますvv
さて、後はキルティングだ・・・!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑


    posted at 13:35 | 赤ずきんタペ(完成) | TB(0) | CM(0)
ミラビリア シンデレラ 1
クリックで拡大。

今月は忙しくてお針子できていないのですが(涙)、8月に引き続きブログを頑張りたい!ということで、まだUPしていない作品をご紹介します~。
ミラビリアの「シンデレラ」。
実は眠り姫の方が終わった辺りからちょくちょく刺しはじめてはいたんですが、今はまったくやってません;;

ミラビリア シンデレラ 1
ミラビリア シンデレラ 2
ミラビリア シンデレラ 3
ミラビリア シンデレラ 4

とりあえず連続で載せてみた。
クロスステッチで、こうやってだんだん進んでいく様子を写真で見るのが地味に好きです♪
それにしても、実際はめちゃめちゃ時間かかってるのに写真だと一瞬だなぁ・・・(遠い目)

眺めてたら久々に刺したくなってきたのですが、他にも作るのたくさんあるし今そんな時間ないし(涙)
週末にでもタンスの奥から出してあげようかしら・・・。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑

    posted at 20:54 | クロスステッチ | TB(0) | CM(0)
wreath ☆おすすめ☆


スイーツデコ
この手の本は最近いくつか出版されていますが、こちらの本はその中でも1、2を争うほど完成度の高い本ではないでしょうか。
掲載されている作品のどれもが「作ってみたい!」と思わせる可愛らしいデザインで、スイーツデコをするための材料やその特徴なども細かく詳しく書かれています。作り方が載っているものは苺、ラズベリーなどのパーツから、タルト、スティックケーキ、カップケーキ、パフェなど盛りだくさん。作り方もとても丁寧で、一つ一つの工程がカラー写真とともに載っています。

上の本の作者の方の、第2弾のスイーツデコ本ですv今回もちょっと大人っぽい&とってもかわいい作品がたくさん掲載されていますvvスイーツデコの本は一冊あれば充分・・・と常々思っているのですが、ついつい購入してしまうんですよね;

キルト
タイトルの通り、薔薇をテーマにした作品がたくさん掲載されています。おしゃれ工房で連載されていた薔薇のマンスリーキルトも追加のパターンとともに載っています。掲載作品は細かいパターンやアップリケのタペストリー、ベッドカバーなどの大作が多いので中級者向け、といった感じです。

星のパターンだけでこんなにあるのか!というくらいたくさんの作品が載っています。星という一つのテーマなのにどれも個性的で飽きません。おしゃれ工房で連載していた「星のマンスリーキルト」のミニチュアバージョンのキルトは一見の価値ありです♪

とにかく注目すべき点はその値段でしょうか(笑)まるでスケッチブックのような形をした装丁。そしてその中にはこれでもか!というくらいにキルティングラインばかりが載っています(驚)大作を作る方やキルティングラインに悩んでしまう方におすすめ。付録で作品集もついています。値段以上の価値がありそうな情報量です。

Doll
タイトルの通りお人形の服作りを始めたい初心者の方のためのバイブル。お人形の服作りは他のハンドメイドと違って考慮しないといけないところがたくさんあると思うのです(何しろ経験者なので・・・。あの失敗の数々がこの本にことごとく書いてあるのです;涙)
初心者向けなのでお人形の服作りに慣れている方はいらないかな?とも思いますが、中~上級者でも、「こんなテクニックがあったのか!」と思う部分がちらほら書かれているかと思うので、一読してみてもいいかと思いますvちなみに私は「ボンドって使ってもいいのかっ!?」って思いました;;

wreath カテゴリ
wreath 最新記事
wreath 最新コメント
wreath プロフィール

AYA

Author:AYA
FC2ブログへようこそ!

wreath 最新トラックバック

wreath 月別アーカイブ
wreath FC2カウンター

wreath 検索フォーム

wreath RSSリンクの表示
wreath リンク
wreath ブロとも申請フォーム
wreath QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。