Planet Princess

手芸大好き20代会社員です。仕事の合間にパッチワークやクロスステッチ、お人形の服などを作っています☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
P1050946.jpg

クリックで拡大。

このブログで名言したことはなかったのですが・・・。
実は私、お仕事で美術の先生をしています(爆)

えぇー!?家庭科じゃなくて??って感じですが(苦笑)
そうです、美術の先生なのです、けど絵は滅多に描きません。
絵は苦手なのです・・・工作は大好きですけど;

なのでお仕事の一貫として、時にいろいろなものを製作するのですが、その一つが上の画像の小皿です。
「練込陶芸」というジャンルの焼き物です。

練込陶芸、と言う技法は多分一般的にそこまで知られていないはず・・・なのかな?私も下の本で知ったのですが。




簡単に言うと、
色をつけた粘土で好きな模様のパーツを作る→そのパーツ同士をくっつける→器の形に整える→焼く

・・・というようなやり方で作っていく陶芸です。
詳しくはググってください(爆)
それかアイスボックスクッキーの作り方と同じだと思ってください。
それか金太郎飴と(以下略)

その作り方のため、ひび割れのリスクが極めて高い陶芸なのですが。
その練込陶芸にはじめて挑戦して作ったのがこの2枚の小皿です。

P1050947.jpg

初めて作ったにしては、うまくできたと思います(自画自賛;)
青の色は予想以上に綺麗に発色しました。赤は・・・美術の世界では赤い色って発色が難しいことが多々ある気がするのですが、ここでもそうでした。
他の色の顔料より、1.5倍ほど、赤い顔料の方が値段が高かった割にこの発色です。
色自体は気に入らないわけではないのですが。

私自身は陶芸をし始めて3年、というくらいですが(しかも授業で教える時期しか土に触りませんが;)
自分の作品を作るときは、作品を極限まで薄くすることにこだわっています(笑)
てびねりで作るとどうしても作品が厚く重くなってしまいがちなんですが、そうすると完成後、日用使いができないんですよねぇ、重すぎて;
ただの私のどうでもいいこだわりなのですが。

P1050948.jpg

練込陶芸の面白いところは、裏にも表と同じ模様ができるところだと思います。
かわいいかわいいv
ちなみに写真だとわかりづらいですが、この小皿の大きさは直径10cmくらい?です。
醤油皿にはちょっと大きいです。
いまだに何を乗せていいかわかりません(苦笑)






にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックを↑
スポンサーサイト

テーマ:パッチワーク - ジャンル:趣味・実用
    posted at 15:51 | その他の作品 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

wreath ☆おすすめ☆


スイーツデコ
この手の本は最近いくつか出版されていますが、こちらの本はその中でも1、2を争うほど完成度の高い本ではないでしょうか。
掲載されている作品のどれもが「作ってみたい!」と思わせる可愛らしいデザインで、スイーツデコをするための材料やその特徴なども細かく詳しく書かれています。作り方が載っているものは苺、ラズベリーなどのパーツから、タルト、スティックケーキ、カップケーキ、パフェなど盛りだくさん。作り方もとても丁寧で、一つ一つの工程がカラー写真とともに載っています。

上の本の作者の方の、第2弾のスイーツデコ本ですv今回もちょっと大人っぽい&とってもかわいい作品がたくさん掲載されていますvvスイーツデコの本は一冊あれば充分・・・と常々思っているのですが、ついつい購入してしまうんですよね;

キルト
タイトルの通り、薔薇をテーマにした作品がたくさん掲載されています。おしゃれ工房で連載されていた薔薇のマンスリーキルトも追加のパターンとともに載っています。掲載作品は細かいパターンやアップリケのタペストリー、ベッドカバーなどの大作が多いので中級者向け、といった感じです。

星のパターンだけでこんなにあるのか!というくらいたくさんの作品が載っています。星という一つのテーマなのにどれも個性的で飽きません。おしゃれ工房で連載していた「星のマンスリーキルト」のミニチュアバージョンのキルトは一見の価値ありです♪

とにかく注目すべき点はその値段でしょうか(笑)まるでスケッチブックのような形をした装丁。そしてその中にはこれでもか!というくらいにキルティングラインばかりが載っています(驚)大作を作る方やキルティングラインに悩んでしまう方におすすめ。付録で作品集もついています。値段以上の価値がありそうな情報量です。

Doll
タイトルの通りお人形の服作りを始めたい初心者の方のためのバイブル。お人形の服作りは他のハンドメイドと違って考慮しないといけないところがたくさんあると思うのです(何しろ経験者なので・・・。あの失敗の数々がこの本にことごとく書いてあるのです;涙)
初心者向けなのでお人形の服作りに慣れている方はいらないかな?とも思いますが、中~上級者でも、「こんなテクニックがあったのか!」と思う部分がちらほら書かれているかと思うので、一読してみてもいいかと思いますvちなみに私は「ボンドって使ってもいいのかっ!?」って思いました;;

wreath カテゴリ
wreath 最新記事
wreath 最新コメント
wreath プロフィール

AYA

Author:AYA
FC2ブログへようこそ!

wreath 最新トラックバック

wreath 月別アーカイブ
wreath FC2カウンター

wreath 検索フォーム

wreath RSSリンクの表示
wreath リンク
wreath ブロとも申請フォーム
wreath QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。